昨日に引き続き、激奏三国志のレコーディングの様子を
レポートしたいと思います。

最後である3回目の今回は平野良さんの収録をお届けします。

平野さんとお会いするのは初めてだったので
作曲するにあたり、色々と下調べをしました。
TVなどでも歌っていらっしゃったので、参考になる資料は沢山あったのですが
ポップスなどが主だったので
今回のようなロックバンドをコンセプトとした曲はどうなるのかな?と
平野さんの声を想像しながら最終調整をしていきました。

レコーディング当日に実際にお会いして
いざ収録を始めてみると、地声から想像していた以上に
声のキーレンジが広いのに驚きました。

「もしかしたらこの曲ちょっとキー高いかな?」と若干の心配もあったのですが
そんな心配はどこへやら、主人公3人の中で一番高い音が出るのではないかと
思ったくらいです。

声質は、小尾さんや宮下さんとはまた違った魅力があって
見事に三者三様の仕上がりになりそうです。

ファンの方は今から楽しみにしていて下さいね!



DSC01018














レコーディング終了後のショット頂きました。